テキュ

すうとして無理やりです

2018/7/4

この中の「ご高説おばさん 」に限って言えば、あれはわたしにとって非常に価値のある体験であった。今から2年ほど前、井の頭線に乗って吉祥寺から渋谷に向かっていた際に、(確か明大前だっただろうか)1人の中年女性がわたしの隣の席に座り唐突に「最近の若者は自分のことしか考えていない、お前もそうだ、だからお前は愛されないのだ」と小言を始めた。彼女は狭い車内の、さらに狭いわたしとの間に棘だらけの論壇を建てようとしていた。

その女性の主張の仔細は覚えていないが、要旨はずっと変わらず「お前は自分の事しか考えていないから、誰からも愛される事は無い」といったものだった。わたしには反論するための話力も、事を荒げても構わないという胆力も無く、ただ虚ろにはあ、ええ、まあ、と聞いていた。電車が終点である渋谷に着いたので、「そろそろ降りなければならないので」と言って席を立ったが、当然の事ながら終点なのでその女性も同じく降りるのだ。駅のホームに降り立った後も女性はわたしの横に付いてきて、お前は愛されないぞと言い続けた。足早に改札を抜けると、女性の声は段々遠くなっていった。わたしはもうほぼ泣き出しそうだった。

当時のわたしは揺り戻しのような盲目的肯定主義に傾倒した結果、心身共にパーソナルスペースが0どころかマイナスの状態になっていた。過剰すぎる共感と肯定がそこにあり、それこそが正義であると信じてやまなかった。自らの内的世界が無限に拡張していくように思え、そこにすべての他者を取り込めると思っていたわたしにとって、初めての - 音楽的/機械的なもの以外での - 暴力的そして社会的な理不尽への対峙であったかもしれない。

その体験を経て、わたしは半月もせず音楽においても「社会」や「外圧」をより明確に意識するようになった。そしてそこからわたしが、インターネット上で「白紙」と名乗って曲を書いている時の、「多重な外圧によるモティーフや動力、もしくは構造自体の異化や接着」という自身の創作のスタイルに辿り着くまでそう時間はかからなかった。

そして、このスタンスの上で「白紙」と名乗るのは明確に間違いであったことに気付いた。白い紙は「地」というイメージを容易に引き起こさせる。だがしかし、わたしにとって自然なものは何一つないのだ。

しかしまあ、今更改名するとなるとデメリットの方が多い気がするし、しっくり来る名前も思いつかない。だが同時にそこを押してでも名前を変えた方がいい気もする。誰かに相談してみようかな〜

2018/6/13 (夢)

*1)恋人と旅行に出かけていたその最終日だった。夜の繁華街の中に「ビール一杯、味噌カツ一つまでなら無料」という店を発見し、半信半疑で入ってみると本当に無料でやっているらしかった。驚きながら味噌カツとビールをいただき、形だけの*2)レシートを切ってもらいお金を払うことなく店を後にした。

翌朝帰る時間になってどうやら昨日の店が詐欺か罠であったことに気づき、わたしたちは飲み食いした代金を払えと違法な金額を迫る男達から逃げねばならなかった。

恋人と一旦別れ、駅で落ち合おうと別々のルートで走っていった。わたしは左手側が並木で、右手側が工事中なのか白く高い壁になっている、人通りの多い道を選んだ。わたしは*3)信じられないくらい上手に人の間を縫い、駆けていった。浮いているかのような走り心地だった。

*4)駅に着き、急いで入った。しかしそこは狭くて薄暗い立方体のような構造で、ホームに繋がる階段が1つしかなかった。ここで合っているのかと思いながら*5)恋人を待ったが、いくら経っても来なかった。見ればそこはある特定の、マイナーな路線しか通っていない副次的な駅のようだった。

急いでそこを出て、隣の正しい駅に向かった。改札の外に金を迫る男たちがいたが、駅員さんに止められていた。*6)わたしは駅員さんに帰るための路線はどっちだと尋ねた。その向こうで男たちが殺すぞと叫んでいた。

無事家に帰ってきたその夜、扉ががたがたと揺れた。母が外に誰かいるみたいだと言っていた。まさかと思って窓から外を見ると、男たちの1人がこちらを見てにやりと笑っていた。

家の中に戻るとそこにもまた、いつの間にか仲間の1人がいた。椅子に座って足を組み、ウクレレを弾いていた。男はこちらを見てにやりと笑ったので、わたしはまず大きく振りかぶってから殴る真似をした。男は動くこともなく依然にやにやと笑っているだけで、それで無性に腹が立ち、わたしはアコースティックギターでその男の頭を強く殴った。1回目はまだ男も笑みを保っていたが、もう1回殴ると顔が苦痛に歪み、ごめんなさい、許してください、と虚に呟き始めた。わたしは外にいるもう1人の男をどう殺したらいいか考えていた。

 

/

 

*1.知っている顔ではなかった。誰かは思い出せない。

 

*2.そのレシートを見て、わたしはこの店が関西にも店舗を構えていて、行ったこともあるのを思い出した。あろうことかポイントカードすら持っていた。しかし、そのポイントカードからは不吉な感じが漂っていたと思う。

 

*3.恋人が見ているので、かっこよく走らなければと思っていた。

 

*4.「高輪」と書いてあった。ちなみに、夢の中では東北の方に旅行に行っているという感覚だった。

 

*5.最終的に、恋人とはこの後1回も会わなかった。

 

*6.この時点で、男たちへの恐怖は薄れていて、わたしの安全さを見せつけてやろうと、わざと駅員さんに路線を訪ねた。

2018/5/23 (夢)

家族で車に乗って海沿いを走っていた。わたしたちが走っている道路は海よりすこし高く、右側に海を見下ろすような形だった。海は東京湾のような、人工的な感じがあった。

ふと右を見ると巨大な(客船くらいの大きさの)白い豹が水の上を走っていた。わたしは興奮してすごい!豹が水の上を走っている!と叫んだ。水を叩く破裂音にも似た音が聞こえていた。しかし豹の足は次第に水に取られ始め、ついには体の半分が沈んでしまった。豹は浮き沈みをしながら泳いでいた。

いつの間にかもう1匹の、馬のような長いたてがみをもつ同じくらい巨大な白い豹が現れていて、2匹は縦に並んで泳いでいた。浮き沈みを繰り返していたが、時折ほぼ完全に体が海に沈んでしまっているように見えた。

わたしは焦ってしまい、これは動物園とかに連絡した方がいいのではないかと家族に同意を求めたが、曖昧な返事しか返ってこなかった。

動物園の電話番号を調べようとしたが、何故か「動・物園」と検索をしてしまい、何もヒットしなかった。

血たち

畝逸り

金環をひとつ押し超えて

しなり 蠢き 轟かん

まだ見ぬ終わり

 

体はそう 鞭の重なり 端から裂け

芯にて踊る

無数の爆発の紡織

布としての軌跡と身の振舞

 

脂質を騙し

薄くべたつきながら 壁を撫で 擦って

とろみが 終わるであろう 赤い方角を見やれば

次は

わたしが食べる番

 

畝逸り

金環は遥か

しなり 蠢き 轟き 微粒の爆ぜを 飲み込み 澄んで明白な力を 当て嵌める

頭の神は

 

わが神

体の中核

最も明かるい受容体に

帰投

ずとも い

つかは消える (u_u)

 

それでは

2018/5/8 (夢)

かなり古い校舎にいる。どうやらお手洗いが水浸しになってしまったらしい。

お手洗いに入ると確かに踝くらいまで黒に近い紺色の水がせり上がってきていた。奥の個室に入るとそこは巨大な四角い浴槽か、プールのようになっていて、一杯に水が入っていた。少し前にHouxo Queさんが「あのプールに水が入ってるのが俺の作品だったんだけど、水浸しになってしまって、作品の水かどうか分からなくなってしまった。」と言っていたのを思い出した。

個室の外に出るともはや水は肩まで来ており、潜り泳いで入り口に向かった。入り口付近にはわたしの同級生らしき人が待ち構えていて、わたしが話すと「喋り方が*1)三茶っぽい」と笑われた。

 

/

 

*1.三軒茶屋である。文節ごとに間か何かを入れるのが三茶だと言われた気がする。

夏は来ぬ

濾過されて 細かく死に絶えて 散り散りに
たわみ 飛び出し 歪む光で
 
わたしは合点がいった
目を泳ぐ虫が経をかむ
(ばちくり)
音は靴紐に反射して
瞬きのあいだに
わずかな宝石を置いていく
丸めた体を放つと
湿り気になぞられて逆立つ
繊毛のように艶やかな忌避が
紅潮として浮き登る
 
あたたかい根の抱擁から抜け出して
子となり親となり遊牧する
ありたけの水を
もみ固めた質量が見えたら
 
もしくは
やれ大仰に
肌や 脳や
餌食の感覚を沸騰させ
油の名を欲しいままにする声などを
聞いたら
 
わたしは準備する
分厚い晦冥を突き刺して降ってくる
ゆいいつ、
 
わが体を枕く射撃のために
 
 
ふむ
その後
肉が映ゆる季節よ

2018/4/15 (夢)

10人くらいでシェアハウスをしている。暗い地下街にそのまま住んでいるみたいで、わたしたちの部屋以外にも飲食店などが所狭しと並んでいた。わたしはシェアハウスのメンバーにかなり親しみを抱いており、このメンバーであれば自分の全てをさらけ出せると感じていた。

ある一室に入ろうとしている。灰色のコンクリートの扉で、その扉の前にはシェアハウスメンバーのほぼ全員が集まっている。(*1)誰かがいなかった。)そこで女性に顔を褒められてすごく嬉しかった。

部屋に入るとそこは同じ灰色のコンクリート打ちっ放しの立方体の部屋で、目の前には巨大なスクリーンがあった。高層ビルの映像が映し出されていた。ふと画面が切り替わり、薄いピンクベージュの背景に「*2)ホットマイクのスタンド」というテロップと、いくつもの生クリーム入りのホットケーキの画像群が表示された。画像群は一定の間隔で切り替わり、全体が見えたり、一部分だけだったり、クリームが大きくはみ出していたりした。

わたしはそれを見て「ホットマイクのスタンド」という言葉にツボってしまい、笑い転げて床に倒れた。*3)わたし以外の全員は眉一つ動かさずモニターを見つめていた。

 

/

 

*1.yuigotだった気がする。

 

*2.もちろん、暖かいマイクロフォンのスタンドという意味であろう。この言葉に違和感は覚えなかった。

 

*3.正確に言えば、隣の女性が一瞬わたしにむけて笑顔を作ろうとしたが、すぐにモニターに向き直った。わたしに向けて笑いかけるのが違法であるかのような表情だった。